パッソの限界値引きを一度の商談で!

パッソ一発値引き交渉!

パッソ一発値引き交渉とは、ディーラーへ行って商談する回数を一度だけで完結させて、さらに限界値引きを引き出してパッソを安く買う方法です。

ただ普通にディーラーへ行って見積もりを取るだけでは、パッソの限界値引きは引き出せません。当然営業マンは商売ですし、自分の成績にもかかわってくるので、出来るだけ値引きは控えてパッソを売ろうとします。

このパッソ一発値引き交渉なら、1度の商談で済むので何度もディーラーへ行く必要がなく、時間を節約しながらも限界値引きでパッソを買うことができます。

そのためには、事前に情報収集をして準備することが必要です。

その準備もこのサイトを見れば簡単にすべて完結するので、しっかりと準備して値引き交渉に挑みましょう!


パッソの目標値引き金額

パッソから今いくら値引きできるのかは、こちらで分かります。車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定しましょう。(毎月更新)

パッソ車両本体からの目標値引き額(2017年7月現在)

20万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+3万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5万円前後
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+3万円前後
※参考 パッソ実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、パッソの値引き合格ラインです。

さらにパッソを購入する時期によって、値引き合格ラインに上乗せが可能です。上記の瞬間的に値引きが多くなる時期も参考にして、一発値引き交渉で提示する購入金額を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、今の価格を調べて希望予算に組み込んでいきましょう。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの下取り車を高査定で売る!も参考に。

 

パッソの諸費用

パッソ1.0 Xの諸費用です。

パッソの車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 140,647円

・自動車税(8月登録) 17,200円

・自動車取得税 5,700円

・自動車重量税 3,700円

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 8,190円

・登録諸費用 65,817円

 

パッソの値引き交渉を一度で完結させるには?

パッソの希望グレードとそのオプションを選択したら、諸費用を含めたパッソの総支払額を出しましょう。

その総支払額から、当サイトの今月の車両からの目標値引き額とオプション値引き額、そして決算期やボーナス時期なら、さらにプラスアルファの値引き額を加算して、値引き総額を総支払額から引きます

すると、パッソの限界値引きされた総支払額が算出されるでしょう。この総支払額をパッソ購入の目標金額とします。

目標金額が出たので、パッソのカローラ店に行ってこの金額で購入出来るように交渉するわけですが、普通に言っても二つ返事でOKしてくれる条件ではありません。

普通なら「とてもその条件では上司からOKを貰えません。」と言うような事を言われて、パッソの値引き条件を引き締められてしまうでしょう。

ではどうすれば目標金額でOKをしてもらえるのか?しかも一回で??と思うかもしれませんが、でも大丈夫です!

それはパッソのライバル車、競合車を引き合いに出して値引き交渉するのです。

それも「ライバル車を購入するつもりでいたが目標金額になるならこの場でパッソを契約してもいい」と言う設定で商談をします。

これは、

・今すぐ新車の契約が取れる
・ライバル社に流れるお客を自社に取り込める
・何度も商談をする必要がないので時間を節約できる

と、営業さんにとっても3つの大きなメリットがあります。

いきなり来たお客さんが、3つの大きなメリットを持ってやってきたので、多少の値引きならやってしまおうか!?となるのです。

では実際にパッソのカローラ店に行ったら、まずは希望のグレードとオプションを伝えて普通に見積もりを取りましょう。

そしてパッソの見積もりが出来上がってきたら、一例として参考までに以下のように伝えます。

「実はヴィッツの1000ccを購入しようと思い、商談をしています。これからネッツへ行って契約するつもりでしたが、パッソが気になったので今日は来てみました。トヨタ車なら正直車種にこだわっていないので、予算に収まるならヴィッツをやめてこの場でパッソを契約したいと思います。ダメならネッツへ行きます。」

このように伝えれば、今すぐに新車を買うお客、ライバル車のお客を取りこめる、今日1件新車の契約が取れる、と3つのメリットを持ったお客さんを演じられます

例では同じトヨタのヴィッツを挙げましたが、日産のマーチやノート、ホンダのフィット、マツダのデミオ、スズキのスイフトなど他社の人気のコンパクトカーを引き合いにだしても良いでしょう。

こうしてパッソ一発値引き交渉を仕掛ければ、限りなく成功する確率は高くなります。

 

ディーラーでは週末にフェアやイベントを行うことが多いので、週末のノルマがあるディーラーがあります。
そこを狙って、週末フェアが間もなく終了する日曜日の夕方がパッソの値引き交渉の狙い目になります。

 

もし営業さんからOKが出なければ、少し値引き条件を緩めて交渉を続ける事もできます。または経営の異なるカローラ店なら、再度パッソ一発値引き交渉を仕掛ける事が可能です。

同都府県には経営の異なるカローラ店は殆どないので、越境して隣県のカローラ店と商談すると良いでしょう。

 

こんな方法も!営業マンへの宿題作戦

パッソの購入に期間的に余裕があるなら、事前に営業さんにこちらの購入条件を伝えておく方法があります。

どういう事かと言うと、決算期やボーナス時期など値引きが大きくなる時期や、反対に4月・5月など新車の販売が落ち込む時期にディーラーへ行って、「もしこの金額になるなら、いつでもパッソを契約します。出来る時に連絡を下さい」と、こちらの購入条件を伝えます。

ディーラーや営業さんには販売目標が設定されているので、「今月あと1台欲しい!」と言うタイミングになれば、営業さんから電話が掛かってくるかもしれません。

こちらで契約時期を決められないデメリットはありますが、パッソの購入を待てるなら、結構この方法は成功しやすいですよ!ディーラーを出て数時間で連絡が来ることもあります(笑)

 

下取り車があるなら

下取り車があるなら、最後の最後でさらに査定金額の上乗せが出来ます。ディーラーの下取りでお金を損しない方法は、下取り車を高査定で売る!で紹介しているので、是非合わせてご参考ください。

 

PAGE TOP